愛されてモテる「可愛い女性」になるには、可愛い女性の共通点を知ることと、男の本質を知り男に愛される女性の条件と方法を知ること

Menu ▼
コンテンツの項目一覧
愛されてモテる「可愛い女性」になろう(トップページ)

愛の心的距離を縮める「迷ったときの"ちょいかけ電話"」


知り合った最初の頃は、相手の気持ちが読みきれず、「突然電話したら迷惑するかもしれないし、出てくれないかもしれない?」などと、あれこれ迷ってあげく、あきらめてしまう女性が多いのではないですか。なかにはメールすら打てない人もいます。



ちょっとした短い電話で彼との距離は縮まる


そんなときには、ちょっと彼の声を聞くだけでいいぐらいの気持ちの「ちょいかけ電話」がおすすめです。迷ったら迷わず、ちょいかけ電話をしてみましょう。

ふたりの恋の運勢は、どちらかがアクションを起こさない限り、停滞したままで、いい方向にしろ、悪い方向にしろ、発展の方法のしようがありません。
お互いのこころをつなぐのは、心のこもったメールも大切ですが、それ以上に「生の声」に勝るものはありません。

彼の恋人候補が何人かいて、休日のデートをどの子にしようかと迷っているとき、まさにそのタイミングで、あなたからの生の声があったらどうでしょう。おそらく恋の予感を感じ、デートはあなたにするはずです。

★ 恋の始まりは、理屈で始まるようなものではなく、ふたりの琴線が触れ合った一瞬のタイミングが決定してしまうものです。

「なんとなく電話しづらかったから」と1ヶ月放っておいたら、彼が新しい彼女と電撃結婚をしていた、なんてこともあります。



ちょいかけの1分間で人生が変わる


電話をする前に、「何を話そうか、切るタイミングはどうしたらいいか?」などと考えるから電話をかけづらくなるのです。声を聞くだけでいいと思ってかけるのです。

しかもあなたから「じゃあ」と言って切れば、彼にほどよい恋の枯渇感を与えることができます。だからこそ、次にまたかけやすくなるのです。

★ ここで大切なことは、いい男たちは「迷ったときや、ひるんだときにも、自分の力で一歩踏み込める女性」が好きなのです。

迷ったときに「物怖じしてしまう女性」を好みません。

不安の渦巻く最中に、気合で一歩を踏み出してくる女性に頼りがいを感じるのです。「やるときはやる!」という、そういう女性こそ、結婚相手にふさわしいと感じます。

その勇気を簡単に示せるのが、ちょいかけの電話なのです。

最近では、女性に傷つけられるのがイヤで、電話が積極的にできない男性が増えています。あるいは、「わざと力を抜いて相手をほったらかしにする」男性もいるようです。たくさんの恋を経験した結果、「もう恋に期待しない」と決めている男性もいます。

これらの男性は、心の中ではたいてい「本当は会いたい!」と思っています。

そんなときにかける「ちょいかけ電話」こそ、彼の心を開くチャンスです。たとえ彼が出なくても着信履歴を残すだけでも意味があります。

彼が遠慮して連絡をしてこないのか、それともあなたに好意を持っていないからかけてこないのか。それだけは、電話をしてみないことにはわかりません。
まずは今すぐ、ちょいかけの電話をしてみましょう。。







男と女の本質を知り彼との距離を縮める方法
女の本質に反すると男女の距離は遠ざかる
ちょっとした肌の露出で彼との距離は一気に縮まる
こだわりのある男を理解してあげると距離は近づく
さりげなく触れることが距離が近づく最大のチャンス
彼との距離を縮めるには開放性と閉鎖性が大切
恋愛の継続と距離を縮めるには緊張と緩和の演出が大切
彼にもっと近づくための空間的距離の縮め方
心理的距離が縮まるのは理性よりも感情の豊かさ
彼があなたを心の底から可愛いと思うとき距離を縮めたくなる
彼の疲れた心を癒せたら、彼との距離は一気に縮まる
遠慮や謙虚さも行き過ぎると、彼との距離は縮まらない
二人の距離を縮めるには、会話の内容が大切
愛の心的距離を縮める「迷ったときの"ちょいかけ電話"」





男性心理・女性心理
人相はあなたの心を映す鏡
男心がわかる恋愛心理学講座
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
メールテクニックでモテる男・モテる女になろう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
大人のための心理学
大人の女性の品格は、気品・気づかい・マナーでつくられる
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

Copyright (C)2015. 愛されてモテる「可愛い女性」になろう All rights reserved.