愛されてモテる「可愛い女性」になるには、可愛い女性の共通点を知ることと、男の本質を知り男に愛される女性の条件と方法を知ること

Menu ▼
コンテンツの項目一覧
愛されてモテる「可愛い女性」になろう(トップページ)

男性より一歩引き下がって控え目


「柔よく剛を制す」という言葉があるように、可愛い女性は男性に従うことによって、ある意味では男を支配しているのです。
男は、女性を可愛いと思うと、その女性のためには身命を投げ打って幸せにしたいと思うものです。

男と女に上も下もなく、愛することによってお互いのために生きることができるのです。




男と女は愛することによってお互いのために生きる


昔から、人を天地に配する場合、男を「天」、女を「地」としてきました。
それは、天は「気」を司り、地は「質」を司るからであります。
女性は「地」で「質」を司り、「質」は物質、あるいは実質と言われるように、目に見える確かなモノがあるときに指す言葉です。
そして「地」は万物を生じ育み、しっかり大地に根を張っているとされています。

このように、女性は万物を育むのが本質でありますので、性格的にも柔らかさ、温もり、穏やかさ、包容力といったものがあり、万物を明るくする役割があります。

昔の言葉に、雌鶏(メンドリ)が暁(トキ)を告げると、天地逆転の象となって、必ず家庭は崩壊すると言われています。
男性は「陽」であり、火を象徴し、女性は「陰」として水を象徴しています。

陽(よう)はどこまでも伸びようとする本質があり、ヒノキがまっすぐ空にそびえている姿です。陰(いん)はヒノキをしっかり支えて栄養分を送る根っ子と考えられます。

根っ子は水気を含み、地中にあって人の目には見えないけれども、縁の下の力持ちで地上から伸びているヒノキの柱をしっかりと支える役割があります。そして、地中も奥深くに入っていくと温熱があり、それが女性の「愛」を象徴しているのです。

ですから、根っ子が表舞台に立って、ヒノキの柱の上に出てきますと、ヒノキは枯れて倒れるように、女性も家庭で男性の上に立とうとすると、家は崩壊するのです。
女性はあくまで一歩控えて、男性を立てるようにしなければなりません。

女性が女らしくあるのは、男性に媚びるためでもなく、歓心を買うためでもなく、それが自然体だからです。
百合には百合の花が咲き、バラにはバラの花が美しく咲くように、男性もそれぞれの女性の美しさに自然と引かれるのが、自然の法則であります。

ですから男をたてる女性こそ、男から見て「可愛い女性」なのです。
「男より一歩下がって」などと言いますと、男尊女卑とか男に服従することだと思っている女性がいるかもしれませんが、そう思っている女性は永遠に男と女の関係が分からない人なのです。












男性心理・女性心理
人相はあなたの心を映す鏡
男心がわかる恋愛心理学講座
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
メールテクニックでモテる男・モテる女になろう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
大人のための心理学
大人の女性の品格は、気品・気づかい・マナーでつくられる
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

Copyright (C)2015. 愛されてモテる「可愛い女性」になろう All rights reserved.