愛されてモテる「可愛い女性」になるには、可愛い女性の共通点を知ることと、男の本質を知り男に愛される女性の条件と方法を知ること

Menu ▼
コンテンツの項目一覧
愛されてモテる「可愛い女性」になろう(トップページ)

ポジティブで明るいオーラを発散すればモテる


人と話している時、相手が嬉しそうだったり楽しそうだったりすると自分の気持ちも自然と明るくなりますよね。

逆に愚痴や暗いことばかり言う人と一緒にいると、自分の気持ちまでどんどん暗くなってしまいます。

相手に自分を明るい女性だと思ってもらうだけで、あなたの印象はずっと良くなります。

そのためには自分がポジティブにならなければなりません。



男性にいい印象を与えるのは、ポジティブな気持ち


誰しも悲しい時や落ち込むことはあるので、一時的にネガティブになってしまうことは仕方ありません。

しかしいつ会ってもネガティブな人だと、一緒にいても暗い気持ちにしかならないので楽しかったという記憶が残りません。

結果暗くてつまらない人間という印象が残ってしまいます。

ネガティブになってしまうことが悪いことではなく、落ち込んでじっくり考えることとても大切なことだし必要なことです。

ただその気持ちをいつまで引きずってもプラスにはなりません。

体を不調にすることもありますし、暗いあなたを見て周囲の人も暗くさせてしまうでしょう。

モテない女性の中には、自分を悲劇のヒロインにしたがり、悲しいことや愚痴を他人に吐き出して憐れんでもらうことで満足する人がいます。

モテる女性は、例え人に相談したとしても自分のことは自分で解決しようとするし、他人を不快な気持ちにさせたままにはしません。

落ち着いたらまた明るい自分を取り戻そうと努力します。

ポジティブで明るい人と一緒にいると、その人のことを思い出すと、『楽しかった』という良い記憶が引き出されるので恋愛においてとても効果的なのです。

楽しいイコール自分にとってプラスの人間という位置付けになるのです。


自分の心の中ではモヤモヤしていることがあっても、なるべく人といる時は前向きな発言をするように心がけましょう。

完全に心がポジティブでなかったとしても、発言から変えていくことで少しずつ自分の意識も変えていくことができます。







モテるために可愛い女性がしている方法
小悪魔な雰囲気も大切にしている
可愛い女性はポジティブな自己暗示をかけている
自信を持って男性と接している
自分の個性を魅力的に見せる方法を知っている
積極的な行動で恋のチャンスをつかもうとしている
ポジティブで明るいオーラを発散すればモテる
単独交際よりグループ交際で恋のチャンスを広げている
失恋を次の恋愛のステップにしている
環境を変えることで恋のチャンスをつかんでいる
ケンカになってもヒートアップして感情的にならない
恋愛上手なモテる女性は心の切り替えが早い
柔らかいしぐさで男心をグッとつかんでいる
賢くて可愛い女性は男の言い訳を増長させない
尻軽女と思わせない方法を心得ている
愛される女性はその気のない男を深追いしない
恋愛は五分と五分、対等な関係を心がけている
彼の仕事が忙しくて会えないときは、どうすれば?
あなたの仕事に理解を示さない彼には、どう対応?
新しいオシャレなお店に彼を誘ってあげる
ライバルがいると、会う回数と共通テーマで優位に立っている
口説きやすい雰囲気をつくって彼の恋愛感情を確かめている
モテる女性は人の輪を少しずつ広げている
恋愛上手で心の切り替えが早い
相手の条件より人間的魅力を見抜ける
どんなタイプの男性とも会話ができる
彼の心の迷いを打ち消すのは、あなたの笑顔と喜ぶ姿
女性は少しぐらい「ちょい悪程度」のほうが、いい男を惹きつけられる
会話の内容のギャップで小悪魔を演出すれば恋に効く
「人恋しくなる場所」へ気軽に誘ってみる
恋愛がうまく行くというイメージトレーニングをしている
「次の約束」は可愛い女性から切り出すと効果が高い





男性心理・女性心理
人相はあなたの心を映す鏡
男心がわかる恋愛心理学講座
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
メールテクニックでモテる男・モテる女になろう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
大人のための心理学
大人の女性の品格は、気品・気づかい・マナーでつくられる
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

Copyright (C)2015. 愛されてモテる「可愛い女性」になろう All rights reserved.