愛されてモテる「可愛い女性」になるには、可愛い女性の共通点を知ることと、男の本質を知り男に愛される女性の条件と方法を知ること

Menu ▼
コンテンツの項目一覧
愛されてモテる「可愛い女性」になろう(トップページ)

失恋を次の恋愛のステップにしている


失恋というと悪いイメージばかりしてしまいがちです。

実際、失恋すると無気力になったり何もかも嫌になったりすることがあると思います。

しかし失恋したときこそ、次の恋に向けて全力で進んでいかなければなりません。

長年付き合った人から別れを告げられると誰だって悲しくなると思います。

予兆もなく突然であれば、受け入れられずに相手の心を取り戻そうとしてしまうかもしれません。

しかし残念ながら、一旦終わりだと相手が思ってしまった場合やり直せる可能性はかなり低いです。



別れを告げられたら、諦めて次の恋に期待をかける


終わりを告げる時というのは、相手だって生半端な気持ちではありません。

別れを告げられた時にはもう相手の心は自分にはないのです。
いくら引き留めても虚しいだけなので、お互いに気が合わなかったと思って諦めた方が良いでしょう。


運よく自分を捨てた相手とたとえやり直すことができたとしても、相手は仕方なく付き合っているという気持ちになり、以前のように同等の立場ではいられないかもしれません。

いつまた別れを切り出されるか分からず不安を抱えたまま、結局別れることになることが多いです。

引きずるのは自分に自信がなく男に依存するタイプの女性に多く、モテる女性は終わった恋をいつまでも引きずりません。

恋愛はお互いの気持ちが同調していないと続いていかないので、別れるということはそれが合わなかっただけなのです。

明らかに自分に非があれば反省することも大切ですが、そうでなければ新しい恋を見つけることに専念した方が自分のためになります。

恋を懐かしんで嘆くほど、次の恋愛のチャンスを逃していってしまいます。
失恋した時は、自分を磨く良い機会です。

自分を見つめ直し、今までできなかった趣味などをして内面を磨いていってください。

別れたことを良い経験だと思い、もっと良い恋愛をするためのステップアップだと思うことができれば失恋も無駄にはなりません。
前よりも、もっと良い男性を見つけることができるでしょう。








モテるために可愛い女性がしている方法
小悪魔な雰囲気も大切にしている
可愛い女性はポジティブな自己暗示をかけている
自信を持って男性と接している
自分の個性を魅力的に見せる方法を知っている
積極的な行動で恋のチャンスをつかもうとしている
ポジティブで明るいオーラを発散すればモテる
単独交際よりグループ交際で恋のチャンスを広げている
失恋を次の恋愛のステップにしている
環境を変えることで恋のチャンスをつかんでいる
ケンカになってもヒートアップして感情的にならない
恋愛上手なモテる女性は心の切り替えが早い
柔らかいしぐさで男心をグッとつかんでいる
賢くて可愛い女性は男の言い訳を増長させない
尻軽女と思わせない方法を心得ている
愛される女性はその気のない男を深追いしない
恋愛は五分と五分、対等な関係を心がけている
彼の仕事が忙しくて会えないときは、どうすれば?
あなたの仕事に理解を示さない彼には、どう対応?
新しいオシャレなお店に彼を誘ってあげる
ライバルがいると、会う回数と共通テーマで優位に立っている
口説きやすい雰囲気をつくって彼の恋愛感情を確かめている
モテる女性は人の輪を少しずつ広げている
恋愛上手で心の切り替えが早い
相手の条件より人間的魅力を見抜ける
どんなタイプの男性とも会話ができる
彼の心の迷いを打ち消すのは、あなたの笑顔と喜ぶ姿
女性は少しぐらい「ちょい悪程度」のほうが、いい男を惹きつけられる
会話の内容のギャップで小悪魔を演出すれば恋に効く
「人恋しくなる場所」へ気軽に誘ってみる
恋愛がうまく行くというイメージトレーニングをしている
「次の約束」は可愛い女性から切り出すと効果が高い





男性心理・女性心理
人相はあなたの心を映す鏡
男心がわかる恋愛心理学講座
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
メールテクニックでモテる男・モテる女になろう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
大人のための心理学
大人の女性の品格は、気品・気づかい・マナーでつくられる
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

Copyright (C)2015. 愛されてモテる「可愛い女性」になろう All rights reserved.