愛されてモテる「可愛い女性」になるには、可愛い女性の共通点を知ることと、男の本質を知り男に愛される女性の条件と方法を知ること

Menu ▼
コンテンツの項目一覧
愛されてモテる「可愛い女性」になろう(トップページ)

ケンカになってもヒートアップして感情的にならない


ケンカするほど仲が良いなんて言葉がありますが、実際にはケンカで別れるカップルも少なくありません。

ケンカをして分かり合えることも確かにあるのですが、その後の対応を間違えると最悪の結果になってしまうことがあるので気を付けましょう。

ケンカをして良い気分になる人はいません。



彼とケンカしそうになったら、ヒートアップする前に引いてみる


辛い気持ちになったり、意見がぶつかりあって相手の嫌な所ばかり目についてしまったりします。とは言え、一度もケンカせずに過ごしていくなんてことは無理ですよね。

ケンカをすると、余計なことまで言ってしまうことがあります。
言わなくてもよい一言のせいで相手をひどく傷つけてしまうことがあるので注意しましょう。

例え仲直りをしたとしても、一度言われて傷ついたことは水に流せません。

後々それがきっかけになって仲が悪くなることもあるので、ケンカ中だとしても言葉は選ばなくてはいけません。

ケンカ中は、相手への怒りが爆発しているので自分に非があったとしてもなかなか謝りにくくなります。

しかし、なるべく険悪にしないためには、ケンカをしてから時間をあまり開けず仲直りをすることが望ましいです。

期間が長くなればなるほど、言葉を思い返して腹が立ったり、謝りにくくなったりします。


当然ながら、ケンカはどちらかが謝るまで終わりません。

最初は嫌かもしれませんが、あなたから謝ってみてください。
男性はプライドが高い人が多く、相手が謝るまで言いだせない人が多いのです。

もし謝ることが難しいのであれば、何かに対して「ありがとう」と伝えるだけでも構いません。
とにかくお互いが落ち着いて話すきっかけを作ってください。

ケンカになってからの対処だけでなく、ケンカになりそうになったら引くことも立派な対処法です。

一歩引いて冷静に相手の言うことを受け止めることで相手もヒートアップしにくくなるので、ケンカで無駄な労力を使うよりもずっと良いでしょう。







モテるために可愛い女性がしている方法
小悪魔な雰囲気も大切にしている
可愛い女性はポジティブな自己暗示をかけている
自信を持って男性と接している
自分の個性を魅力的に見せる方法を知っている
積極的な行動で恋のチャンスをつかもうとしている
ポジティブで明るいオーラを発散すればモテる
単独交際よりグループ交際で恋のチャンスを広げている
失恋を次の恋愛のステップにしている
環境を変えることで恋のチャンスをつかんでいる
ケンカになってもヒートアップして感情的にならない
恋愛上手なモテる女性は心の切り替えが早い
柔らかいしぐさで男心をグッとつかんでいる
賢くて可愛い女性は男の言い訳を増長させない
尻軽女と思わせない方法を心得ている
愛される女性はその気のない男を深追いしない
恋愛は五分と五分、対等な関係を心がけている
彼の仕事が忙しくて会えないときは、どうすれば?
あなたの仕事に理解を示さない彼には、どう対応?
新しいオシャレなお店に彼を誘ってあげる
ライバルがいると、会う回数と共通テーマで優位に立っている
口説きやすい雰囲気をつくって彼の恋愛感情を確かめている
モテる女性は人の輪を少しずつ広げている
恋愛上手で心の切り替えが早い
相手の条件より人間的魅力を見抜ける
どんなタイプの男性とも会話ができる
彼の心の迷いを打ち消すのは、あなたの笑顔と喜ぶ姿
女性は少しぐらい「ちょい悪程度」のほうが、いい男を惹きつけられる
会話の内容のギャップで小悪魔を演出すれば恋に効く
「人恋しくなる場所」へ気軽に誘ってみる
恋愛がうまく行くというイメージトレーニングをしている
「次の約束」は可愛い女性から切り出すと効果が高い





男性心理・女性心理
人相はあなたの心を映す鏡
男心がわかる恋愛心理学講座
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
メールテクニックでモテる男・モテる女になろう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
大人のための心理学
大人の女性の品格は、気品・気づかい・マナーでつくられる
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

Copyright (C)2015. 愛されてモテる「可愛い女性」になろう All rights reserved.