愛されてモテる「可愛い女性」になるには、可愛い女性の共通点を知ることと、男の本質を知り男に愛される女性の条件と方法を知ること

Menu ▼
コンテンツの項目一覧
愛されてモテる「可愛い女性」になろう(トップページ)

「好きです」と言えるあなたは、もっとも輝いている


気になっている好きな男性に向かって、「あなたのことが好きです」とダイレクトに言える女性はなかなかいませんが、もし、言えるとしたら、そうとうな自信家の女性でしょう。

たしかに、男性に「好き、好き」と言ってのける女性は、ほとんどルックスや顔がいい人がほとんどで、ブサイクな女性はいませんね。それでも、自分から自信を持って好きだと言えるような女性など一握りしかいないでしょう。



彼との距離を近づけるには、女性から「好き」と言ってみよう


好きな彼を他の女性に取られたくないのなら、あなたが、まずは「好き」と言わないと恋は始まりません。なぜなら、男は鈍感で、女性ほど勘が鋭くないから、はっきりとあなたから意思表示をしないと気がつかないからです。

だから、男は、できれば告白して欲しいと思っています。これが男の本音です。

ただし、「好きです」と告白する以上、ぜったいに冗談っぽく言ってはいけないし、雑談中に「わたしのこと、お嫁さんにしてよ」と笑いながら言っても、男性も「アホか」と言って誤魔化すだけで、何の進展もないでしょう。あなたが真剣に告白しないと、男も真剣になりません。

告白しないまま、ずるずると時間が過ぎ去っていくのは、非常にもったいないことです。あなたの適齢期も知らぬままに過ぎ去ってしまう可能性だってあります。早く決着をつけるのがいいのです。人生はあっと言う間に過ぎ去るのです。



告白する瞬間に、女性は人生で一番輝いている


「あなたのことが好きです」とあなたが思い切って告白する瞬間、あなたは人生で一番輝いています。たとえルックスに自信がなくても、瞳が美しく光っています。

男はそれを見て、きちんと返事をします。

もし、返事がダメだったとしても、彼もあなたの気持ちに添えなくて、悲しい気持ちになっています。そしてあなたが一晩中泣いているときに、彼も酒を飲んで心が痛んでいるでしょう。

でも、次の恋にアタックするためにも、いつまでも悲劇のヒロインを演じていてはいけません。男と女の出会いは一生に一度しかないようなものでなく、出会いのチャンスは何回でもめぐってくるものです。

また、次の新たな恋を夢見て、さらに輝けばいいのです。

君が泣き顔のままでいたら、告白した彼に出会ったときに、彼が悲しんでしまいます。そんなことでは、新たに出会う彼にだってふられます。

好きな人ができたら、一度で懲りずに、自分から告白する勇気を持つことが大切です。

ムダな恋愛をいつまでも継続するのは、短い人生をムダにするようなものですから、好きな人ができれば、告白することで、彼の気持ちに白黒をつけさせましょう。







可愛い女性は大人の恋愛ができる
トキメキがなくなったら充電期間を持とう
恋人とのケンカは先に謝ったほうが勝ち
彼の浮気は許してあげてもいいのでは?
恋のライバル出現に、あなたはどうする
大人になり切れないヒモ男だけはやめておこう
プレイボーイを好きになってしまったら?
別れるときは、大人としての別れ方のルールがある
失恋しても彼との楽しかった想い出まで失うことはない
不倫の打ち切りは、きちんとしたけじめで
すべてを男性に頼らない自立した大人の女性
一緒に生活しているイメージが描ける大人の女性
譲れない部分をはっきり意見する大人の女性
ケンカのあと上手に仲直りできる大人の女性は魅力的
男の結婚願望を見抜ける大人の女性
結婚しても幸せになれそうにない男を見切る大人の女性
たとえ不倫でも恋の貫徹は女性をいっそう輝かせる
男の「素」の部分を知れば、大人の恋愛ができる
二人の男を同時に好きになったら、どうすれば?
「好きです」と言えるあなたは、もっとも輝いている
「男の影をにおわす」にも、テクニックがないと逆効果
可愛い女性の恋愛はお互いが気を使うゲームのようなもの





男性心理・女性心理
人相はあなたの心を映す鏡
男心がわかる恋愛心理学講座
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
メールテクニックでモテる男・モテる女になろう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
大人のための心理学
大人の女性の品格は、気品・気づかい・マナーでつくられる
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

Copyright (C)2015. 愛されてモテる「可愛い女性」になろう All rights reserved.