愛されてモテる「可愛い女性」になるには、可愛い女性の共通点を知ることと、男の本質を知り男に愛される女性の条件と方法を知ること

Menu ▼
コンテンツの項目一覧
愛されてモテる「可愛い女性」になろう(トップページ)

甲斐性のない男ほど言葉巧みに女性を騙す


女性は、「夫は甲斐性がなくても優しかったら、結婚してもいい」と言う人が多いようですが、ある程度歳をとってきますと、だんだんと近所の奥さん方に愚痴るようになるものです。

「夫の給料がいつまで経っても、上がらない」
「体力が落ちているだけでなく、気力もなく出世しようとする気概がない」
「浮気はしないと約束していたのに、浮気をするようになった」
「生活費が少ないのに、休みのたびにパチンコに行く」
「いつもだらしない格好で出かける」
などなど。



若いころはダメ男がカッコよく見えるが、最後は哀れな末路


若い頃は、こういうつまらないダメな男が格好良く見えて、「愛があれば、何でも乗り越えられる」などと声高々に叫び、親の反対を押し切って結婚した人の哀れな末路なのです。

それでは彼女たちはどのようにして騙されたのでしょうか。

結婚したときの理由を少し検証してみましょう。

甲斐性のないダメな男に限って、女性の弱みを知り尽くしているのです。
要は、母性本能をくすぐっているのです。
★ 甘えるようなしぐさや言葉
★ 自虐的で支えてあげなければ、今にも死にそうな雰囲気を出す
★ 孤独で寂しそうな雰囲気をかもし出す
★ 疲れたそぶりや弱気な発言をする


女性というのは、こういう男の弱さを見せると、母性本能が刺激されて守ってあげたいという気持ちに自然になってしまうのです。女性に罪はありません。



ダメ男は母性本能をくすぐることしかできない


全ては、出発点に問題があるのです。

そして、子どもができると、女性は当然子どものほうに母性本能を発揮して夢中になってしまい、子どものままである大人のほうは、邪魔者扱いをするようになるのです。

それでも、少しは仕事ができるとか、給料が上がるとか、しっかりした子どもの教育ができれば、我慢もできるでしょうが、母性本能をくすぐることしかできない男に期待するものなどひとつもありません。

ダメな男が30歳を過ぎたら、突然変異のように才能が開花したり、難しい仕事が急にできるようになることなどありえないのです。

「こんな情けない男と結婚するのではなかった」と言ってみても、後の祭りで、ちょううど高価なワインの味を知らなかったため、赤玉ワインを「これは甘くて高価なワイン」だと思って飲んで満足していたようなものです。








男の価値基準を知って愛される女性になろう
ダメ男が「いい男」に変身することは生涯ない
甲斐性のない男ほど言葉巧みに女性を騙す
借金しかできない男に可愛い女性を愛する資格はない
可愛い女性に媚びる男を優しいと思ってはいけない
男の器量はお金の使い方を見れば分かる
倹約できる男とケチな男とは根本的に男の器量が違う
できる男は場所をわきまえた服装をきちんとしている
男性とのちょっとした違和感は、最後まで尾を引く
愛される女性はプラスのエネルギーを吸収し合える
愛される可愛い女性は浮気をしない男を見抜ける
可愛い女性は学歴より人間的深みを理解できる
愛される女性は男に求める条件を取捨選択できる
男と女は平等に創られていないことを理解しておこう
遠距離恋愛を成功させめにはお互いの努力が大切





男性心理・女性心理
人相はあなたの心を映す鏡
男心がわかる恋愛心理学講座
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
メールテクニックでモテる男・モテる女になろう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
大人のための心理学
大人の女性の品格は、気品・気づかい・マナーでつくられる
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

Copyright (C)2015. 愛されてモテる「可愛い女性」になろう All rights reserved.