愛されてモテる「可愛い女性」になるには、可愛い女性の共通点を知ることと、男の本質を知り男に愛される女性の条件と方法を知ること

Menu ▼
コンテンツの項目一覧
愛されてモテる「可愛い女性」になろう(トップページ)

ケンカのあと上手に仲直りできる大人の女性は魅力的


恋人同士もつき合いが長くなってきますと、自然とケンカもするようになるでしょう。

そんなとき、ケンカをどうやって収束させるのかが大切で、その仕方で男の本質とか本性が現れるものです。


もし、あなたと口ゲンカをしたあと、いつまでもグチグチと言って尾を引くような男なら、いっそのこと別れたほうがいいかもしれません。

ケンカを引きずるような男は、ちょっとしたことで腹を立て、同性からも「男らしくない」と煙たがられている場合が多いです。

また、友だちの前や人前では、紳士らしく振る舞っているのに、あなたと二人っきりになると、小さなことですぐに怒ったり、ヒステリックに感情をむき出しにする男もなかにはいます。

このような男性はたいてい、あなたに対する日頃の不満が溜まっている可能性があり、お互いの愛情不足が原因のことがあります。



ケンカのあと、上手に修復できるのが大人の態度


あなたの彼は、ケンカしたあとに、きちんと仲直りできるだけの心の余裕がありますか。

一つのことにきちんとけじめをつけ、自分が悪い場合には、素直に謝ることができますか。そして、すぐに元の仲の良い状態に戻すことができますか。

もし、あなたが彼とケンカしたときに、短時間でお互いに納得できる解決策を出すことができるようであれば、彼は「この女性となら、今後も、うまくつき合っていけるのではないか」と感じます。


恋人同士なら二人で解決する糸口を見つけることが大切


恋人同士のケンカは、どちらが正しいかどうかということではなく、どのように二人が解決する糸口を見つけるかということのほうが大切なのです。

男は、ケンカするたびに感情的になって、彼女から昔の話を蒸し返さりするのが嫌いです。たとえケンカをしても、仕事上で問題のあったクレーム処理をするように、冷静沈着に解決策を見出すような女性に、男は結婚の可能性を感じます。

なぜなら、結婚して同様のケンカになったとしても、きちんと話し合って解決できる女性だと判断できるからです。


なかには、ケンカしたあとに、あなたのことを無視するような彼もいるはずです。それが2、3日程度で怒りが収まるようなら、放っておいてもいいでしょう。

でも、何か長期戦になるように感じたなら、あなたから彼に話しかけ、どうして無視するのか、その理由をきちんとたずねたほうがいいでしょう。

いずれの場合も、ケンカのあとはわだかまりを残すことなく、お互いの意見を聞きながら、きちんと解決することです。

「雨降って地固まる」という言葉があるように、ケンカをすることによって、二人の絆が、さらに深まることが大切なのです。








可愛い女性は大人の恋愛ができる
トキメキがなくなったら充電期間を持とう
恋人とのケンカは先に謝ったほうが勝ち
彼の浮気は許してあげてもいいのでは?
恋のライバル出現に、あなたはどうする
大人になり切れないヒモ男だけはやめておこう
プレイボーイを好きになってしまったら?
別れるときは、大人としての別れ方のルールがある
失恋しても彼との楽しかった想い出まで失うことはない
不倫の打ち切りは、きちんとしたけじめで
すべてを男性に頼らない自立した大人の女性
一緒に生活しているイメージが描ける大人の女性
譲れない部分をはっきり意見する大人の女性
ケンカのあと上手に仲直りできる大人の女性は魅力的
男の結婚願望を見抜ける大人の女性
結婚しても幸せになれそうにない男を見切る大人の女性
たとえ不倫でも恋の貫徹は女性をいっそう輝かせる
男の「素」の部分を知れば、大人の恋愛ができる
二人の男を同時に好きになったら、どうすれば?
「好きです」と言えるあなたは、もっとも輝いている
「男の影をにおわす」にも、テクニックがないと逆効果
可愛い女性の恋愛はお互いが気を使うゲームのようなもの





男性心理・女性心理
人相はあなたの心を映す鏡
男心がわかる恋愛心理学講座
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
メールテクニックでモテる男・モテる女になろう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
大人のための心理学
大人の女性の品格は、気品・気づかい・マナーでつくられる
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

Copyright (C)2015. 愛されてモテる「可愛い女性」になろう All rights reserved.